家コレクション
Designed by templatemo.com
新築の家を建てるには
Photo One

新築の家を建てる時には、建てるための土地を確保する必要があります。土地の場所によって、住居の場所が決まることになり、今後はそこを拠点として通勤をしたり、また子供が出来た時には、子供が通学することになります。また奥さんはそこを拠点として買い物に行くことになります。今後の生活の拠点になることを念頭にして場所を考える必要があります。
いい土地を見つけた場合には、今度は建物を建築することを考えますが、土地の中には建築条件付きの土地というものがあって、そこの土地を購入した場合には多くはその土地を売ったハウスメーカーで建築するという条件がついているものです。そのため、自分がモデルハウス等を見て、いいなと思う建物のメーカーでないことも多いです。そのため、建物を重視する場合には、それも土地を選択する際の要因になりますので、そのような条件のついていない土地を探すか、そのハウスメーカーが持っている土地を探すことになります。
ただ土地を探すにしても、その土地の価格と建物の価格等をトータルでいくらと決めている場合がほとんどのために、何かを妥協しなければならないことになります。土地の位置か、建物のメーカーがその妥協点になることが多いです。
そのような範囲の中で、土地の場所も決まってハウスメーカーも決まって、実際の建物の形を考えますが、一から考えると時間がかかり過ぎるために、多くの場合にはそのハウスメーカーのブランドをベースに考えることが多いです。もし資金的に余裕のある人は、自分たちが考えるコンセプトを建築家やハウスメーカー等に伝えて設計図を書いてもらうことになります。場所によって、建てられる高さ、容積率、建ぺい率等が決まっています。また隣近所との日陰制限等もあるために、そのような法律的なことはハウスメーカーに任せて、可能な設計をしてもらって、設計図やイメージ図を作成してもらうことになります。新築の家を建てる際には、自分たちで決定することが多く大変ですが、時には妥協をしなければならないことも多いです。