家コレクション
Designed by templatemo.com
遺産相続における家
Photo One

遺産相続における家をどうするかがよく問題になります。
もともとそこに遺族が住んでいて、そのまま住み続ける場合などは、誰が相続するかなどは簡単に住む場合が多くなりますので、あとは相続税が課税されるかどうかなどを気にすればいいということになります。この場合、生前に相続税対策が取れるケースがよくありますので、税理士等に相談するのがよいでしょう。
問題は所有者が没後にそこに誰も住まなくなる場合です。
住宅はそのまま放置していれば、徐々に荒れていきます。また、こうした空き家には放火されたりする危険性も指摘されていますし、貸したくても誰も借りてくれない、住まないということもあり得ます。じゃあ売却しようと考えても、そもそも今の日本全体で13パーセント超も住んでいないという住宅が多く存在していますので、社会問題になりつつありますから買い手がつかないことも多くあります。
誰も住まないのであれば取り壊しを考える人も出て来ますが、これも問題があります。税金の問題です。
固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に課税されますが、もし住宅を取り壊して更地にした場合、固定資産税の軽減を受けられなくなります。単純に6倍になるとされ、その負担は重いものです。そのため、誰も住まないからといって、安易に取り壊しもできないという問題が出て来ているのです。
今後、こうした問題の解消のためにも、相続税の問題も含めて家族間で話し合いをしっかりとしておくなどの対策はしておいた方がいいと言えるでしょう。税金の負担は相当に重くなります。それが基で親族間で不和の原因となる可能性すらあります。
相続税対策とこの住宅をどうするかの問題、所有者が健在のうちに所有者とその相続人となりうる親族とで話をしながら、税理士やファイナンシャルプランナーなどのような専門の人に相談をするのも一つの方法です。いろいろ話をしながらより良い解決策を考えておくことが重要となってきます。